--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/05/04.Tue

アマドコロのマヨラー油あえ♪簡単レシピ

いつもは行かない、ちょっと遠くの八百屋に買い物に行ったら「アマドコロ」という山菜を売っていたので買ってみました。
ぱっと見はうるいにも似た印象ですが、肌触りがちょっとごわごわしていています。
天ぷらや炒め物や和え物など、火を通して食べるのがいいようです。

アマドコロのマヨラー油あえ

簡単で無難においしそうな、マヨラー油和えにしてみました。
さっと茹でてあえるだけの簡単メニューです。

★材料(2人分)★
アマドコロ 1パック
マヨネーズ 大さじ2
桃屋のラー油 大さじ1

★作り方★
1 アマドコロは洗ってさっと茹でて、食べやすい長さに切る。
2 ボウルにマヨネーズ、ラー油を入れてよく混ぜ、アマドコロを加えてあえる。
3 器によそって出来上がり!

桃屋のラー油は辛くないのでちょっと多めに入れています。
辛いラー油で作る場合はラー油の量を控えめにして下さい。

★ポイント★
※アマドコロの根茎の部分は薬用として用いられます。漢方では滋養強壮、美容効果があると言われているそうです。
※ラー油の原料は作り方によってさまざまですが、辛味を出す原料として唐辛子の他、にんにく、しょうが、ねぎなど、体を温める食材が使用されることが多く、血行促進や脂肪燃焼の促進などの効果が期待できます。ただし主成分は油なので、摂りすぎないように。


スーパーからはすっかり姿を消した桃ラーもネットショップなら手に入るんですね。
ほんと、便利な世の中です。




 にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ 人気ブログランキングへ  
ランキングに参加しています。
ポチッとワンクリックしていただけると励みになります。
スポンサーサイト
おつまみ・副菜 | Comments(13) | Trackback(2)
2010/04/16.Fri

シナモンアップル♪簡単レシピ

以前リンゴとサツマイモのシナモンバターというのを紹介しましたが、それのリンゴだけバージョンです。
シナモンとバターの風味がおいしい焼きリンゴ風の簡単おやつです。

シナモンアップル
(写真はひとり分です)

黒酢の酸味を加えるので、りんごは紅玉などの酸味の強いものでなくてOKです。
逆に、砂糖や甘味料は一切使わない、自然の甘さだけで作るので、
多少甘みのあるリンゴの方がいいかもしれません。
甘さが足りないよ~という人は、お好みではちみつなど加えてみてください。

★材料(2人分)★
りんご 2個
バター 5g
黒酢 大さじ1
シナモンパウダー 適宜

★作り方★
1 りんごは皮ごとクシ切りにして芯を取り、食べやすい大きさに切る。
2 テフロン加工のフライパンを熱しバターを溶かし、りんごを入れてまんべんなくバターが絡むように混ぜながら炒める。
3 黒酢とシナモンを入れてさらに炒める。
4 水分が少なくなってりんごの表面がしっとりしてきたら火を弱めてフタをし、約15分。フタを開けてみてりんごがしんなりしていたら出来上がり。

★ポイント★
※リンゴは栄養価が高く、美容・健康、ダイエットに優れた働きを持つ果物です。腸内の活動を活発にするペクチンを多く含み、便秘解消効果も期待できます。皮に多く含まれるポリフェノールは活性酸素の働きを抑制し、生活習慣病の予防、美肌などに効果があります。
※シナモンは桂皮と呼ばれる漢方薬で、健胃・発汗・解熱・鎮痛などに用いられます。体を温め血流を活発にする作用があり、冷え性対策や冷えから来る肩こり、腹痛、生理痛などにも効果的です。
※黒酢には天然のアミノ酸が豊富に含まれていて、脂肪の吸収を抑える作用と脂肪の燃焼を促す作用があります。


 にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ 人気ブログランキングへ  
ランキングに参加しています。
ポチッとワンクリックしていただけると励みになります。
おやつ・お菓子 | Comments(0) | Trackback(2)
2010/04/05.Mon

うるいのツナマヨラー油あえ♪簡単レシピ

「うるい」という山菜、知っていますか?
わたしは初めて知ったのですが、ちょっとぬめりがあるそうで、なんだかおいしそうなので買ってみました。
炒め物や和え物、サラダなど、火を通しても生食でもおいしくいただけるようです。

うるいツナマヨラー油

うるいのツナマヨあえが簡単そうなので、ブームのラー油を加えてピリ辛味のサラダ風和え物にしてみました。
切ってあえるだけの簡単メニューです。

★材料(2人分)★
うるい 1パック
ツナ缶(ノンオイル) 1缶
マヨネーズ 大さじ2
ラー油 小さじ1

★作り方★
1 うるいは洗って食べやすい長さに切る。
2 ボウルにツナとマヨネーズ、ラー油を入れてよく混ぜ、うるいを加えてあえる。
3 器によそって出来上がり!

★ポイント★
※うるいは山菜の中でも特にビタミンCが豊富です。うるいのヌメリ成分には多糖類が多く含まれ、病気に対する抵抗力をつけ、風邪予防などに効果的です。また、消化酵素ムチンによる消化促進効果も期待できます。
※ラー油の原料は作り方によってさまざまですが、辛味を出す原料として唐辛子の他、にんにく、しょうが、ねぎなど、体を温める食材が使用されることが多く、血行促進や脂肪燃焼の促進などの効果が期待できます。ただし主成分は油なので、摂りすぎないように。





 にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ 人気ブログランキングへ  
ランキングに参加しています。
ポチッとワンクリックしていただけると励みになります。
おつまみ・副菜 | Comments(0) | Trackback(1)
2010/02/26.Fri

山うどの皮のきんぴら♪節約レシピ

昨日の山うどの豚巻きに使った山うどの皮で、もう一品作る節約レシピです。
テフロン加工のフライパンとオイルスプレーで少ない油で調理します。

うどのきんぴら

うどのほろ苦さがとーってもおいしくて、大好きな一品。
夫は山うどを見ると「肉巻き~」と言いますが、わたしはどちらかというと、きんぴら食べたさに肉巻きを作ってる感じ(笑)
この季節のおすすめメニューです。

★材料★
山うどの皮(厚めに剥いたもの) 1本分
鷹の爪 1本
しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ1
煎りごま 大さじ1
ごま油 少々

★作り方★
1 うどの皮は適当な長さの千切りにし、酢水につけてあくを抜く。鷹の爪は適当な長さにちぎり、種を取り除く。
2 テフロン加工のフライパンにオイルスプレーでごま油を一吹きし、鷹の爪を炒める。
3 うどの皮の水気を切って、フライパンに投入し、炒める。
4 うどがしんなりしてきたらしょうゆとみりんを入れてさらに炒める。
5 水分が少なくなってきたらごまを入れてさっと炒めて出来上がり。

★ポイント★
※うどの根は漢方では独活といい、解熱や神経痛の薬として利用されます。うどには食物繊維が多く、便秘解消、大腸がん予防などの効果が期待できます。また、フラボノイドやクロロゲン酸などの抗酸化物質も多く含まれ、細胞の老化の抑制やガン予防などに効果的です。
※鷹の爪に含まれるカプサイシンには脂肪燃焼を促進する効果があります。
※テフロン加工のフライパンを使用することで、少ない油で調理できます。
※オイルスプレーを使うことで少ない油で調理できます。

オイルスプレーって何?と言う人はこちらをどうぞ。


鷹の爪とごま油の代わりにラー油を使って作ってみました。
前にも書きましたが、今、我が家には空前のラー油ブーム到来中なのです。
ラー油を使うと手間なくおいしくピリ辛料理ができますよ。
ラー油LOVE。

うどのきんぴら





 にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ 人気ブログランキングへ  
ランキングに参加しています。
ポチッとワンクリックしていただけると励みになります。
おつまみ・副菜 | Comments(2) | Trackback(0)
2010/02/25.Thu

山うどの豚巻き♪ダイエットレシピ

この季節、頻繁に我が家に登場する春を感じるメニューです。
テフロン加工のフライパンで油なしで調理します。

うどの豚巻き

★材料(2人分)★
山うど 1本
豚肉薄切り 6枚
塩・胡椒 適宜

★作り方★
1 うどは厚めに皮を剥き、長さ5~6センチの拍子木に切って酢水につけてあくを抜く。
2 豚肉を広げて半分の長さに切り、軽く塩・胡椒をふる。
3 1のうどをざるにあげてキッチンペーパーで水分を拭き取り、4~5本ずつ束ねて豚肉を巻く。
4 テフロン加工のフライパンにうどの肉巻きを並べてすべての面が焼けるようにまわしながら焼く。
4 肉に焼き色がついたら少量の水を加えてふたをし1~2分蒸し焼きにする。うどの中まで火が通ったら出来上がり。

うどの皮は厚めに剥いて、もう一品うどの皮のきんぴらを作ります。
うどの皮のきんぴらの作り方はまたのちほど。

★ポイント★
※豚肉は必須アミノ酸をバランスよく豊富に含む、良質のタンパク源です。抗酸化作用があるビタミンEや、肌の活性化に効果的なビタミンB群が豊富で、アンチエイジングや美肌効果が期待できます。特に豊富なビタミンB1は疲労回復や夏バテ防止に、ビタミンB12は脳の働きを活発にさせる効果があります。また、豚肉は肉類の中では鶏のささみに次ぐ低コレステロール食材で、脂身にはコレステロールを低下する脂肪が多く含まれるそうです。
※うどの根は漢方では独活といい、解熱や神経痛の薬として利用されます。うどには食物繊維が多く、便秘解消、大腸がん予防などの効果が期待できます。また、フラボノイドやクロロゲン酸などの抗酸化物質も多く含まれ、細胞の老化の抑制やガン予防などに効果的です。
※胡椒の辛味成分ペペリンには代謝を活発にし、脂肪を減量させる効果があります。また、香り成分モノテリペンには脳を活性化する作用があります。
※テフロン加工のフライパンを使用することで、油なしで調理できます。


 にほんブログ村 料理ブログ ダイエット料理へ 人気ブログランキングへ  
ランキングに参加しています。
ポチッとワンクリックしていただけると励みになります。
大きなおかず・主菜 | Comments(1) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。